プログラミングが全くできない僕でもこうやってホームページが作れました!

今の時代 便利になったもので、プログラミングができなくてもホームページが作れるソフトがあります。プログラミングができない僕でもそのソフトを使えばホームページを作ることができました。

ここでは僕も使っている利用料無料でシェアNo1.のソフトを紹介します!

プログラミングが全くできない僕でもこうやってホームページが作れました!

この記事を書いた人:ワプロス
ワプロス(@woploss)

この記事を書いた人

ホームページ作りに挑戦したのは大学の時。いろんな作成ソフトを使ってみるも挫折。そんな時に出会ったのがWordPress(ワードプレス)でした。初めてできたホームページはゼミのホームページ。それ以来、ホームページを作る時は常にWordPressを使っています。

現在は「AFFINGER6」というWordPressのテーマを解説するサイト「アフィンガーラボ」を運営中。なんと公式サイトにも掲載されました(AFFINGERの公式サイトに紹介されました)

WordPressの使い方に関してたくさんの人のお手伝いをさせていただいています。

自分でウェブサイトが設置できた方法を紹介!ホームページ作成ソフトは『WordPress(ワードプレス)』(レンタルサーバー契約から有料テーマ導入まで)

このサイトではこれからウェブサイトを作る人のためにサイト作成の手順をわかりやすく解説します。手順通りに進めば知識ゼロの人でもかんたんにサイトを作成することができます。

偉そうなことを言ってますがそんな僕も最初にサイトを作った時はプログラミングもなにもできない状態でした(できることといえばYouTubeを観たりネットサーフィンしたりすることくらい)。そんな僕でもサイトを作りネットに公開することができました。

秘密はワードプレス(以下、WordPress)。WordPressはサイトを作成するツールの一つでわかりやすくいうと自動翻訳機です。私たちが喋った言葉を自動でプログラミング言語に変換してくれます。このおかげでサイト作成のハードルが一気に下がりました。

今の時代はプロに頼まなくても自力でサイトを作成できる時代になりました。自社のホームページを作りたい小型店舗やスモールビジネスのオーナー様、副業や趣味のためにサイトを運営したい個人の方。ぜひ自分の力でサイトを作ってみませんか?そのお手伝いをさせていただきます。

ホームページの作り方ステップ1:レンタルサーバーと契約する!

まずはサイトのお部屋探しから始めましょう。

サイトには住む場所が必要です。それがサーバーと呼ばれる巨大なパソコン。たとえると アパートのようなものです。われわれはこの一部屋を間借りさせてもらいます。

世の中にはいろんなアパートがありますよね。同じようにサーバーにもいろんなものがあります。

安さを売りにするサーバー、セキュリティに力を入れるサーバー、とにかくスペックを追求するサーバーなど。

あなたににフィットするサーバーを探しましょう!

レンタルサーバーを探す(ホームページの作り方ステップ1)

当サイトがおすすめするレンタルサーバー3つ!

国内シェア1位、サーバー速度1位のおすすすめサーバー会社:Xerver(エックスサーバー)

国内シェア1位!おすすめサーバーNo1!Xserver(エックスサーバー)

Xserver(エックスサーバー)は国内シェア1位のサーバー会社です。特に理由がなければこちらがおすすめです。このサイトもXserverを利用しています。

月額費用¥1,100〜*
初期費用¥3,300-
SSL独自SSL無料
ストレージSSD:300GB

6/16まで実質半額キャンペーン実施中

エックスサーバー

最新のサーバーConoHa WING(コノハウィング)

ConoHa WING(コノハウィング)は設備が新しくサイトスピードに定評があります。あとで紹介する「テーマ」とのコラボが特徴。sangoなどの有料テーマが割引で購入できます。

月額費用¥1,320〜*¥901
初期費用無料
SSL独自SSL無料
ストレージSSD:300GB

6/6まで割引キャンペーン実施中

ConoHa WING

かわいいデザインにしたい人におすすめ!mix host(ミックスホスト)

mix host(ミックスホスト)も他の2つに引けを取らないレンタルサーバーです。アダルトサイトOKな特徴があります(他の2つは不可)

月額費用¥1,078〜*
初期費用無料
SSL独自SSL無料
ストレージSSD:300GB

契約はこちら

mixhost

*:一番安いプランの12ヶ月払い時の料金

ホームページの作り方ステップ2:テーマを選ぶ

次はサイトの内装を選びます。

入居したばかりのアパートには家具や電化製品がないように新しく契約したサーバーはまっさらな状態です。

この空間を自分の理想の雰囲気に近づけていきます。

その雰囲気を決めるのがテーマと呼ばれるものです。テーマによってサイトがかわいくなったり、かっこよくなったりします。また初心者向けのものもあったり、玄人好みのものもあったりします。

サイトの雰囲気を決めるのがテーマ選びです。

WordPressのテーマを選ぶ(ホームページの作り方ステップ2)

当サイトがおすすめする有料テーマ3つ!

初心者におすすすめの有料テーマ:SWELL(スウェル)

本格的かつ初心者でも操作らくらく!SWELL(スウェル)

SWELLはここ数年で一気にユーザー数を伸ばしたテーマです。PCが苦手な人でも挫折しないような設計で親しまれています。

価格¥1,7600(税込)
イメージクール
対象初心者向け
得意ブログ全般、企業サイト

SWELLの購入はこちら

プロ仕様の定番テーマ:AFFINGER6(アフィンガー6)

マネタイズとSEOにこだわりたい人におすすめ!AFFINGER6(アフィンガー6)

AFFINGERは発売から10年と長く愛されているテーマです。大事な部分は自分の手で設計したいという玄人好みの仕様になっています。

価格¥1,4800(税込)から
イメージクラシック
対象玄人向け
得意アフィリエイト

当サイトオリジナル特典付き

AFINGERの購入はこちら

AFINGER6のレビュー記事

個性を出したい人向けの有料テーマ:SANGO(サンゴ)

かわいいデザインにしたい人におすすめ!SANGO(サンゴ)

かわいいデザインがお好みの人はこちら。サーバーのConoHa WINGとコラボ。一緒に申し込むと安くなります。

価格¥1,1000(税込)
イメージかわいい、パステル
対象初心者向け
得意ブログ全般

SANGOの購入はこちら

2022年4月28日