このサイトはAFFINGER6を使用しています。

アフィンガー6(AFFINGER6)のインストール方法:初心者でもできるように詳しく解説!

アフィンガー

アフィンガー6(AFFINGER6)の新規インストール方法:初心者のための用語解説付き!

ここではアフィンガー6(アフィンガー6)をWordPressにインストールする方法をご紹介します。初心者の人向けに用語の解説も付けましたのでぜひ参考にしてください。


前回はアフィンガーを購入してダウンロードするところまで行いました。ここではそのダウンロードしたアフィンガーをWordPressにインストールしていきます。アフィンガーのインストールはプラグインまで行ってくださいね。グーテンベルク用のプラグインを入れないとアフィンガーの専用パーツが使えないです(入れ忘れて困っている人をよく見かけます)。

ワードプレスのテーマをインストールするときに必要な言葉の解説:zip、解凍、親テーマ子テーマとは?

実際に作業に取り掛かる前に初心者がつまずく専門用語を説明しておきます。ブログ初心者の人はぜひ目を通してください。この言葉を知っていたら作業がスムーズに進みますよ。

zipとは?

zipはファイルの種類の名前です。普段パソコンを使う上であまり使う機会がないファイル名ですね。

zipを一言で言うとファイルが梱包された状態のことです。ファイルがダンボールに入っている光景をイメージするといいです。

zipとはファイルが梱包された状態のこと
zipはデジタルなダンボール

解凍とは?

解凍とはzipの中に入っているファイルを取り出す作業のことです。

解凍とはzipから中のファイルを取り出すこと
解凍のイメージ

親テーマ、子テーマとは?

テーマは親テーマと子テーマ 二つで一つです。インストールするときはこの2つをアップロードします。つまりアップロードの作業を2回やるということです。

親テーマはテーマの機能一式が入っています。一方、子テーマはカスタマイズ用です。あとからカスタマイズしたい情報を書き足していきます。この2つがあって初めて1つのテーマとして完成します。

最初はいまいちピンとこないかもしれませんがWordPressを使っていくうちにわかってきます。今は「テーマは親テーマと子テーマ 2つで一つ!」、「カスタマイズするときは子テーマに書き足す」この2つだけ覚えておいてください。

親テーマは機能一式が入ったもの。子テーマとはカスタマイズ用のもの。
テーマは2つで1つ!

アフィンガー6(AFFINGER6)のインストール手順

用語が理解できたところで実際にインストール作業に取り掛かりましょう。

次の4つの工程で進めます。

※アフィンガーのインストールはGutenbergプラグインを入れるまで行ってください。プラグインを入れないとアフィンガーの専用パーツが使えません。

手順

  1. zipを解凍
  2. 親テーマをインストール
  3. 子テーマをインストール&有効化
  4. "Gutenbergプラグイン2"をインストール&有効化

ここではAFFINGER6通常盤のインストール手順について解説します。EX版はファイル名が違うと思いますが手順は同じです。

ダウンロードしたzipを解凍

Infotopからダウンロードしたzipファイルがありますね。まずはそれを解凍して中に入っているファイルを取り出しましょう。

ダンボールから商品を取り出す作業ですね。

zipファイル(action_af6_dl.zip)を見つける

アフィンガー6(AFFINGER6)のインストール手順1:zipファイル(action_af6_dl.zip)を見つける

まずはパソコンでInfotopからダウンロードしたzipファイルを見つけてください。ファイル名はaction_af6_dl.zipです。

Macの場合は"ダウンロード"に保存されているはずです(Finder>ダウンロード)。Windowsの場合も同様に"ダウンロード"に保存されているはずです(左下のWindowsマーク>エクスプローラー>ダウンロード)。

  • Mac:Finderダウンロード
  • Windows:左下のWindowsマークエクスプローラーダウンロード

zipファイル(action_af6_dl.zip)を解凍する

アフィンガー6(AFFINGER6)のインストール手順1:zipファイル(action_af6_dl.zip)を解凍する

action_af6_dl.zipというファイルは見つかりましたか?見つけたら今度はそのzipファイルを解凍します。

Macの場合はzipファイルにカーソルを合わせてダブルクリックするか右クリック>開くを行なってください。Windowsの場合はzipファイルにカーソルを合わせて右クリック>すべて展開を行います。

  • Mac:ダブルクリック or 右クリック開く
  • Windows:右クリックすべて展開

するとzipが解凍され中から同じ名前のフォルダが出てきます。

これで無事にzipから商品を取り出すことができました。

WordPressに親テーマをインストール

まず親テーマをWordPressにインストールしましょう。

ファイル"WordPressテーマ"の中身を確認

アフィンガー6(AFFINGER6)のインストール手順2:ファイル"WordPressテーマ"の中身を確認

zipファイルを解凍すると中からいろんなファイルが出てきます。この中のWordPressテーマというフォルダの中身を確認しましょう。このフォルダの中に2つのzipが入っています。affinger6.zipaffinger6-child.zipです。affinger6.zipが親テーマ、affinger6-child.zipが子テーマになります(上の「親テーマ子テーマとは?」を参照)。

  • affinger6.zip
  • affinger6-child.zip

初心者は注意!

この2つのzipはこれ以上解凍しないでください。解凍してしまうとインストールできなくなります。ここは初心者がハマりやすいポイントなので要注意です!もし解凍してしまったらそのファイルを削除してもう一度最初からやり直してください。

親テーマをインストール

ご自身のWordPressにログインしてください。テーマを管理する画面へ移動します。次の場所へ移動してください。

ダッシュボード】外観】【テーマ】

アフィンガー6(AFFINGER6)のインストール手順2:親テーマをインストール(テーマ画面)

テーマ】と書いてある画面に来たと思います。画面の上の方に新規追加のボタンがあります。そこをクリックしてください。

アフィンガー6(AFFINGER6)のインストール手順2:テーマのアップロード

すると【テーマを追加】という画面に来ます。先ほどと同じ場所にテーマのアップロードというボタンがあるので今度はそこをクリックしてください。

するとファイルを選択する画面が出てきます。ファイルを選択というボタンを押してください。PCのファイルが一覧で出てきます。先ほどzipを保存した場所(普通は"ダウンロード")に行き親テーマ(affinger6.zip)を選択しましょう(※子テーマ(affinger6-child.zip)を選ばないこと)。

選択が完了したら今すぐインストールというボタンを押してください。

アフィンガー6(AFFINGER6)のインストール手順2:親テーマのインストールが完了

するとこのような画面に切り替わります。「テーマのインストールが完了しました」というメッセージが出てきたら親テーマのインストールは完了です。

テーマページへ移動を押してください。

子テーマをインストール&有効化

次は子テーマをWordPressにインストールします。最後に有効化してテーマの設置は完了です。

再びテーマを管理する画面へ移動します。

ダッシュボード】外観】【テーマ】

アフィンガー6(AFFINGER6)のインストール手順3:子テーマをアップロードする

先ほどと同じ要領でファイル選択へ行き今度は子テーマ(affinger6-child.zip)を選択してください。選択したら今すぐインストールを押します。

アフィンガー6(AFFINGER6)のインストール手順3:子テーマを有効化する

再び「テーマのインストールが完了しました」というメッセージが出ます。今度は先ほどと違い有効化ボタンを押します。

アフィンガー6(AFFINGER6)のインストール手順3:子テーマのインストール、有効化が完了

これでテーマの設置は完了しました。

"Gutenbergプラグイン2"をインストールする

テーマはインストールできましたがまだやることがあります!それがGutenbergプラグイン2のインストールです。最後にこのプラグインをインストールして終わりましょう。

Gutenbergプラグイン2とはアフィンガー専用の"記事作成拡張"プラグインです。これをインストールするとアフィンガー専用のパーツや装飾が使えるようになります。逆に言うとこれをインストールしない限りアフィンガー専用のパーツや装飾は使えないということです。

これがないと記事作成は面白みがなくなってしまいます。なので必ずインストールするようにしてください。

Gutenberg用プラグイン2(アフィンガー6の記事作成拡張プラグイン)

このプラグインをインストールし忘れている人をよく見かけます。

ファイル"Gutenberg用プラグイン"の中身を確認

それでは作業に移ります。最初にzipを解凍した時、いろんなファイルの中にGutenberg用プラグインというファイルがあったと思います。この中身を確認してください。st-blocks.zipというzipがあると思います。これを使います。

アフィンガー6(AFFINGER6)のインストール手順4:ファイル"Gutenberg用プラグイン"の中身を確認

"st-blocks.zip"をインストール

WordPressにログインしてプラグインの追加画面に行きましょう。

ダッシュボード】プラグイン】【新規追加】

アフィンガー6(AFFINGER6)のインストール手順4:"Gutenbergプラグイン2"のアップロード

そこにあるプラグインのアップロードボタンを押してください【1】。ボタンを押すとファイルを選択する画面が出てきます【2】。そこで先ほど確認したst-blocks.zipを選択してください(Gutenberg用プラグインst-blocks.zip)。選択したら今すぐインストールボタンを押します【3】。

アフィンガー6(AFFINGER6)のインストール手順4:"Gutenbergプラグイン2"の有効化

すると画面が切り替わり「プラグインのインストールが完了しました。」とメッセージが出ます。プラグインを有効化ボタンを押してください。

アフィンガー6(AFFINGER6)のインストール手順4:"Gutenbergプラグイン2"のアップロード完了

また画面が切り替わり「プラグインを有効化しました。」とメッセージが出ます。

以上でプラグインのインストールは完了です。


お疲れ様です。これでAFFINGERのインストールは全て完了しました。

-アフィンガー